子供を守るイメージ

生活保護申請から決定までの流れを知ろう

ベッドにいる親子

生活保護という言葉は聞いたことがあっても、実際に生活保護申請を行ったことがある方は少なく、馴染みがないものです。しかし、現在の日本では一人親世帯や子どもの貧困が問題になっており、生活保護も他人事ではなくなっています。きちんと働いているのに、収入が少なく最低限度の生活が送れない、頼れる親族がいないという方は、生活保護申請を考えてみましょう。申請の流れとしては、まず、自分が住んでいる地域を管轄している福祉事務所の相談窓口に出向くことから始まります。その際に特に必要な書類はありませんが、生活の困窮状態が分かる預金通帳などを持参するとスムーズに話しが進みます。生活保護申請書を書く段になったら、本人確認ができるもの、印鑑などが必要になる場合があるので、事前に担当者に確認しましょう。申請書類が受理されると、担当者が家庭訪問をし、そこで再度収入や資産状況、親族に援助を頼めないかなどの調査が行われます。調査が終わると、遅くとも申請から1か月以内には保護を開始するか否かが決まることになります。生活に苦しい思いをしている方は、諦めずに国の制度を頼ってみてはいかがでしょうか。一人で申請するのは不安だという方には、申請を代行してくれるところもありますので、是非相談してください。

生活保護申請はどのような流れで進むの?

公園にいる親子

生活保護は国が税金を使って個人の生活を支えてくれる制度です。税金からその費用が賄われているので、基本的には申請をしないと受け取れません。ですので、生活保護制度を利用したい人は、まずはその制度の流れを知ることが大切です。始めに、生活保護申請でやらなければいけないことは、住んでいる地域の福祉事務所へ相談しに行くことです。福祉事務所では、生活保護の相談を担当してくれる職員がいて、生活保護を利用したい人が保護の要件を満たしているかなど相談に乗ってくれます。事前相談と言われるもので、基本的にはこの相談から申請がスタートしますので、制度について詳しく知るために…

新着情報

NEW2020年10月12日
生活保護申請から決定までの流れを知ろうを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請!本当に困っているなら恥ずかしがらずに申請をを追加しました。
NEW2020年10月12日
どのような人が生活保護申請ができるの?を追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請はどのような流れで進むの?を追加しました。

≫ 記事一覧へ